コジカとの日々

ハワイとフラが好きなワーママ鹿と娘コジカの日々を綴っています

ハワイ旅行 簡易バシネット作戦

 

 

今回のハワイ旅行の為に編み出した

その名も『簡易バシネット』作戦!

ネーミングセンスなくて恥ずかしい 笑

 

旅行代理店へのバシネットのリクエストが直前になる為、最悪バシネット席がとれなくても、自分の座席でいかに子鹿に負担をかけないかを模索しました。

お見苦しい一部始終を公開します。

 

私の膝の上に授乳クッションを置いて

その上に子鹿を寝かせ、授乳クッションと

私をストールで縛るのです。

こうする事によって、子鹿を横に寝かせられる& 手を離しても大丈夫なので大人もウトウトくらいは出来るので双方の負担が軽減されます。エコノミーでも子鹿に快適に過ごしてもらうために編み出したこの作戦、家で試した時のイメージはこんな感じです。

f:id:shika008:20190323212950j:image

じゃーん!笑

いいんじゃない⁈ コレ、いいんじゃない⁈

期待に胸膨らむ私と私の母。

手作り感満載で、原始的な方法ですが

機内ではこれで行く事にしました!

 

そしてハワイ旅行当日。

この為にわざわざかさばる授乳クッションを持参しました。

機内では、グズグズ泣いていた子鹿を旦那が

機内後方に連れて行ってあやしてくれました。

落ち着いた子鹿を寝かせようと、旦那から子鹿を受け取り授乳クッションの上に。

狭いエコノミーの席で、縦抱きで寝ている子鹿を横向きにするのに四苦八苦。

モゾモゾしていると、子鹿起きました…

不器用な母でごめんよ。

その後、何度かトライした結果、簡易バシネット諦めました…

ただでさえ狭い機内。私の席には、授乳クッションと機内に備えつけられていたクッション、更には首に巻く枕があり、狭くなった機内であの体勢にする事が難しい。

機内に備え付けられるクッションだけを使った方がスペースにも余裕が生まれました。

持参したクッションが邪魔をするという本末転倒な事態。

機内のクッションが2、3個あれば十分なので家族と行くなら機内クッションだけで事足ります。あと、大人用に首に巻く枕を持参する方もいるかと思いますが、はっきり言って邪魔です。

赤ちゃんが愚図ると、すぐに席を立ってあやす必要があります。落ち着いて席に戻ってきても、熟睡出来ている訳ではないので枕をつける為にモゾモゾしていると眠りの浅い赤ちゃんは起きてしまい、また愚図りだします。

という訳で首にまく枕も邪魔で、荷物を増やすために持ってきてしまったようなものでした。

機内のクッションが2個あればどうにかなるので、授乳クッションをわざわざ持って行かなくて良かったです。

荷物を増やさない為にも機内クッションがオススメです。

 

この失敗談が、どなたかのお役に立ちますように!